楽天市場コンタクトレンズ


乱視はどうしておきるの


 乱視はどうしておきるの


 Dr.T目はカメラに良く似ています。
カメラで良い写真を撮るにはレンズ系に歪みがあってはいけません。
目のレンズ系は角膜(目の前面を覆う膜)と、
角膜の奥にある水晶体(目のピント合わせの役割がある)です。

このレンズ系に歪みがあると、
フィルムの役割を果たす網膜で明瞭な像を結ぶことができません。
そのため、像がぼやけたり、二重に見えたりします。
この状態を乱視といいます。

目のレンズ系の歪み、とはどういうことでしょうか?
例えば、サッカーボールは球形で縦と横のカーブが同じですが、
ラグビーボールは縦と横のカーブが異なります。
レンズ系に、このラグビーボールのような縦と横のカーブが異なる歪みがあると、
屈折力(光を曲げる力)も縦と横で異なります。
その結果、像を結ぶ位置が違うことで乱視が起こるのです。

乱視で多いのは、ラグビーボールを寝かした状態に似ていて、
レンズ系の縦のカーブが強く、
横のカーブに比べて屈折力(光を曲げる力)が強いもので、
これを「直乱視」といいます。
この反対で、縦に比べて横のカーブが強いタイプの乱視を「倒乱視」といいます。

乱視矯正用のコンタクトレンズは、
このような目の歪みを矯正するように設計されたレンズです。



目のレンズ系の歪み例



 乱視用トーリックレンズについて


乱視用トーリックレンズとは、遠視用あるいは近視用レンズ(球面レンズ)に
乱視用レンズ(円柱レンズ)が加わったものです。
したがって、乱視用トーリックレンズは通常の近視用レンズなどとは異なり、
一定方向の歪みを打ち消すために
レンズに一定方向の乱視度数(円柱度数)が加えられています。
眼鏡の場合は固定されているので問題はないのですが、
トーリックコンタクトレンズの場合には、
目の中で回転するので、一定の位置に安定させる必要があります。

乱視用ソフトコンタクトレンズを安定させるためのレンズデザインには、
大きく分けて2種類あります。

一つはプリズムバラスト(Prism Ballast)とよばれ、
レンズ下方を少し厚くして重くすると共に、
瞬きの時に上瞼でレンズの厚い部分を押し出すようにして回転を防ぎ、
レンズを常に一定の向きに保ちます。

もう一つはダブルスラブオフ(Double Slab Off)とよばれ、
レンズの上下を薄くし、中心を厚めにすることで、
上下の瞼でレンズを挟み込み、レンズが回転しないようにしたものです。
プリズムバラストデザインはレンズの安定には定評がありますが、
どうしてもレンズの下方が厚くなるため装用感が良くありません、
これに対してダブルスラブオフデザインは装用感は良いのですが、
レンズの安定はプリズムバラストより劣ることが多いようです。



乱視用ソフトコンタクトレンズを安定させるためのレンズデザイン


これらの二つのデザインの利点を融合し、さらに進化させた、
プレジジョンバランス 8/4というデザインの
フォーカストーリック 2週間交換乱視用レンズが発売されました。

これはレンズ部分の時計でいう
「8時と4時の方向のみ」を少し厚くすることによって、
レンズの回転を抑え優れた安定感を実現したものです。
しかもレンズ全体を薄く、角膜に十分な酸素供給を可能にした
全く新しいタイプの乱視用トーリックソフトレンズです。 
これまで乱視用トーリックレンズで不満があった方は、
試してみる価値があるのではないでしょうか。