楽天市場コンタクトレンズ


タンパク除去でもっと快適に


コンタクトレンズの汚れの中で最もやっかいなのがタンパク質の汚れ。
日数がたつにつれて装用感が悪くなってきたり、下のような不具合がある場合、
多くの場合タンパク質の汚れが大きくかかわっていることが多いのです。

 ・午後になると目が乾いて、目薬の回数が増える。
 ・夕方になると、レンズがくもって視界がぼやける。
 ・夜、レンズが目にくっついてなかなかとれない。

このような不具合は、ほとんどの場合
きちんとタンパク除去を行うことによって快適さを取り戻すことができるのです。



 タンパク質の汚れについて


体の中からくる汚れの一種であるタンパク質は、
もともと目に悪いものではないのですが、
コンタクトレンズを使っている間に空気にふれて酸化したり、
乾燥によって固着したり、紫外線や体温の影響で
「変性タンパク質」に変化していきます。

この「変性タンパク質」は、装用感を悪くしたりレンズをくもらせるだけでなく、
放っておくと角膜(黒目の部分)を傷つけたり、
アレルギー性の結膜炎を引き起こす原因になることもあります。


タンパク汚れ(放っておくとこんな状態に)

きれいに見えるレンズも、顕微鏡で見ると
タンパク汚れがついています。





 効果的なタンパク除去の方法


体の中からくる汚れの一種であるタンパク質は、
他の種類の汚れと違って通常の洗浄成分では落しきることのできない
少しやっかいな汚れですが、タンパク質専用のケア用品を使って落とすことができます。


レニュー マルチプラスレニュー マルチプラスは、
1本のケア用品の中に
タンパク除去成分まで含まれているので、
今までと同じ方法でケアをするだけで
洗浄・すすぎ・消毒(保存)に加え、
効果的にタンパク質の除去まで行うことができます。



レニューレニューフレッシュなどの洗浄・すすぎ
消毒(保存)効果を持つケア用品の場合は、
専用のタンパク除去剤を併用して、
週1回/毎日のタンパク除去を
行なうことをおすすめします。
(使用頻度はケア用品の種類によって異なります)





タンパク除去をする女性「レニュー」などの
洗浄・すすぎ・消毒(保存)効果を持つ
ケア用品の場合は、
専用のタンパク除去剤を併用して、
週1回/毎日のタンパク除去を
行なうことをおすすめします。

(使用頻度はケア用品の種類によって異なります)