楽天市場コンタクトレンズ


近視の人が目を細めるのはなぜ?


 近視の人が目を細めるのはなぜ?


 Dr.T近視とは、遠くから来た光が網膜で、
きちんとピントを合わせられない状態です。
このためボケた像が網膜に映り、良い視力が得られません。
学校の視力検査のときに、
目を細めて検査を受ける子供を見かけます。
これは目を細めることによって、
良い視力が得られることがあるからです。

目を細めると良い視力が得られるのは、
カメラの仕組みで説明ができます。
ピンホールカメラは、四角い箱にごく小さな穴を開けた、レンズのないカメラです。
しかしこの小さな穴によって、遠くから近くまで広範囲にピントが合うのです。
普通のカメラでも、レンズを絞り、光の通過する穴を小さくすると、
遠くから近くまでピントの良い写真が撮れます。
同じように、近視の人に黒い紙に開けた小さな穴から視力表を見せると、
かなり小さい視標まで見えることがあります。

目を細めて見たときには、目は小さな穴にはなりませんが、
狭いスリットを通して見た状態(右下図)になり、
ピンホールカメラや普通のカメラの絞りを絞った時と同じ原理で、
視力がよく測定されることがあるのです。
この他に視力が良くなる原因には、 まぶたの圧力で角膜の形が変わったり、
眼球の長さが変わるなどして、近視の度が軽くなるという推測もされています。



     ピンホールカメラと目を細めた場合の説明図