楽天市場コンタクトレンズ


目に関する Q&A


 Q 老眼っていつからなるものなの?


老眼というのは、水晶体が老化して弾力性がなくなり、
筋肉が収縮しても水晶体の厚みがうまく調節できず、ピントが合わなくなる状態をいいます。


年齢と共に遠くになる近点


「老眼」とはいうものの、決してお年寄りだけのものではなく
30代後半から40代にかけて、早くも老眼は始まります。
老眼が始まると、近業作業で疲れやすくなり、症状が進むと近くが見えにくくなります。
そのまま無理をしていると眼痛、頭痛、肩こり、吐き気などの症状も起こってきます。
早めに眼鏡などで矯正しましょう。



 Q 遠視の人でも眼鏡をした方がいいの?


遠視の女性「遠視は近くのものはよく見えないけれど、
遠くのものはよく見えると」
と思っている人も多いようですが、これは間違いです。
遠視では調節しないと遠くも近くもよく見えません。

通常、遠くを見るとき、目はリラックスした状態になり、
近くを見るときだけ筋肉が収縮して
水晶体の厚みを変化させていますが、
遠視は遠くを見るときも目の調節が必要です。
このため、目がとても疲れやすくなっており、
目の健康上からも眼鏡などで矯正する必要があります。
遠くを見る時も目の調節が必要なため、年をとって調節力が弱まってくると、
近方のみならず遠方の視力が落ちてくるのも遠視の特徴です。



 Q ものが二重に見えるけど、これって乱視?


光学上、角膜や水晶体にひずみがあると、
ものがゆがんでみえたり、線が二重ににじんで見えたりします。

これが乱視の症状ですが、ものが二重に見えるというときは、
それ以外にも白内障、斜視(目が正しく目標の方を向かない状態)、
単に眼鏡やコンタクトレンズの度数があって、目にあっていないということも考えられます。
外斜位ということもあります。
外斜位とは、普段両目で見ているときは斜視にはなりませんが、
長時間近くを見る作業をしたときや、疲れているときに斜視があらわれる病気です。



【 セルフ乱視チェック 】

簡易乱視表
簡易乱視表




たとえば、下記のように横方向の線が太く、縦方向がかすんで見えませんか?


乱視ケース1
乱視ケース1



たとえば、下記のように縦方向の線が太く、横方向がかすんで見えませんか?


乱視ケース2
乱視ケース2



線が均一に見えない場合、濃淡がある場合、乱視の可能性があります。
眼科などで精密な検査を受けて、
眼鏡やコンタクトレンズでの矯正をすることをおすすめします。



 Q 緑のものを見ると目が休まるって本当?


緑のものを見ると目に良いといった話がありますが、
これは、まんざらウソではありません。
緑のものを見るということは、外の樹木や風景を見ることになり、
遠くを見ることになります。遠くを見るときは、
水晶体を調節している毛様体筋がゆるんで水晶体が本来の厚みになります。

つまり、目にとっては負担のかからない、
リラックスした状態になり、目を休ませる効果があるのです。
緑という色がいいというより、遠くを見ることが良いのです。



 Q 目の疲れと視力低下は関係あるの?


眼精疲労の状態


もちろん関係はあります。
眼精疲労の状態が慢性的に続くと視力は低下していきます。
目が疲れても、十分に休ませて緊張をほぐすようにしていれば、視力の低下は防げます。
ところが、水晶体を動かす毛様体筋を休ませずに使い続けると、
調節けいれんといって毛様体筋は緊張したまま固まってしまいます。
これが、いわゆる仮性近視やVDT症候群といわれるものです。

治療や生活改善により回復可能ですが、そのままの状態が続けば、
若い人では真性の近視に移行することもあります。
また、もともと近視の人でも眼精疲労が続けば、さらに近視が進行したような状態になります。