楽天市場コンタクトレンズ


目が疲れるあなたに


 目が疲れるあなたに


「目が疲れた」という声は毎日のように身近で聞かれます。
疲れ・疲労というとまず頭に浮かぶのが筋肉疲労や精神的な疲労だと思いますが、
それでは目が疲れる、というのは目のどの部分が疲れるのでしょうか?

     

ものを見る、という作業は生物が生きていくための情報を外界から収集する作業になります。
近くにしろ、遠くにしろ、集中して何かを見ていると疲れます。
これは、目そのものものが疲れるというより
情報処理をしている脳が疲れる、という部分が大きいでしょう。

一方、手元の作業をしている時は無意識にピント調節をおこなうため、
目自体が疲れることになります。
これは年齢が上がるほど、より努力をしないと
ピントが合わせられないので、より疲れるようになります。
見たいものが見えない、見難い、という状態は
脳にとってもストレスになり、フラストレーションがたまります。

遠くの視力を矯正してきちんと見えるようにしておくことは勿論大事ですが、
手元の作業時に疲れを感じることが多くなってきた方は、
年齢に関わらず遠近両用のコンタクトレンズをお試しになることで解決されるかもしれません。


     エアオプティクス®遠近両用


遠近両用コンタクトレンズを使用することにより、
より弱い調節力で手元のものにピントを合わせることが可能になりますので、
見難さによるストレスからも解放され、疲れにくくなるはずです。

デスクワークの多い30代後半の方は
エア オプティクス® アクア遠近両用を、一度お試しになってみてはいかがでしょうか。