楽天市場コンタクトレンズ


コンタクトレンズの誤解


 ハードコンタクトレンズはソフトコンタクトレンズよりも目の負担になる!?


ハードコンタクトハードコンタクトレンズはかたい質感から、
目を傷つけやすく、トラブルが多いと誤解されがちです。

しかしながら実際は、
ソフトコンタクトレンズの方が重篤なトラブルが多く、
ハードコンタクトレンズを使用している方が
目の傷や炎症にも気がつきやすく、
重篤なトラブルになりにくくなります。



 酸素透過度が高いハードコンタクトレンズほど目にやさしい!?


酸素透過度が高いハードコンタクトレンズほど、目にやさしいというのは間違いです。

確かに酸素を多くとりこめると目の負担は減りますが、
酸素透過度が高いほどハードコンタクトレンズに汚れが付着しやすくなります。

汚れが付着すると酸素透過性も低下します。
汚れはコンタクトレンズ眼障害の原因となります。

目やになどの分泌物が多い人、レンズが汚れやすい人にとっては、
汚れやすい酸素透過性の高いハードコンタクトレンズは、逆に目の負担になります。



 使い捨てソフトコンタクトレンズは安全!?


日使い捨てソフトコンタクトレンズ装用者にみられた角膜浸潤コンタクトレンズによる眼障害は年々増えており、
年間100万件以上発生しているといわれています。
コンタクトレンズを装用している人の
7.4%(1年間の眼障害発生率)に
装用中止を必要とする
眼障害が発生していると報告されています。
そのうち、使い捨てソフトコンタクトレンズ
(頻回(2週間)ソフトコンタクトレンズを含む ) による
眼障害が半数を占めています。



使い捨てソフトコンタクトレンズ(頻回(2週間)交換ソフトコンタクトレンズを含む)
といえども、決して安全とはいえません。

また1日使い捨てソフトコンタクトレンズ装用者でも重篤な眼障害が多数報告されています。



  CL装用者割合 年間発症率
 HCL 41.9% 5.6%
 従来性SCL 16.5% 11.1%
 1日使い捨てSCL 12.1% 3.3%
 1週間連続装用使い捨てSCL 0.7% 15.0%
 頻回(2週間)交換SCL 28.8% 9.6%
 全体 100.0% 7.4%




 酸素透過性と含水率


角膜には、酸素が必要です!コンタクトレンズの性能を比較する際に、
酸素透過性の値を
比較材料にすることが多いようです。
これは、酸素透過性が高ければ性能が良い
コンタクトレンズという考え方が強くあったことや、
コンタクトレンズ性能を数値で示す材料が
他にないのが理由で、
たとえば、
コンタクトレンズのデザインや装用感などは、実際に装用してみないとわからないためです。

酸素透過性の指標に、Dk値(酸素透過係数)やDk/L値、
あるいはDk/t値(酸素透過率)が用いられます。
Dk値は、コンタクトレンズ材料の酸素透過性を示す物性値です。
Dk値が同じでも、レンズの厚みが薄いほうが透過しやすいため、
Dk値をレンズの厚みで割った値(Dk/L値あるいはDk/t値)を比較材料にしています。

含水性ソフトコンタクトレンズの場合は、
Dk値は含水率が高いほど酸素透過性が高い傾向があります。
一方、シリコーンハイドロゲルソフトコンタクトレンズは、
シリコーンが水(涙)よりも酸素を透すため、含水率は低くても酸素を多く透します。
酸素をたくさん角膜に送るためには、コンタクトレンズの装用時間を短くすることが
最も効果的であることも忘れないようにして下さい。



 2ウィークレンズを1日おきに使用すれば、1ヵ月間使えるんじゃないの?


正しい交換サイクルを守って使用2ウィークレンズの交換期限は
実際に装用した日数の合計ではなく、
ブリスターパック開封からの経過日数です。

途中で使わない日があったとしても、
初めて開封して装着した日から
2週間(14日間)で交換する必要があります。

安全で快適な視界を保ち続けるために、正しい交換サイクルを守って使用してください。



 良いレンズって、含水率や酸素透過性の数値が高いもの?


含水率や酸素透過性の数値確かにコンタクトレンズ素材の
含水率や酸素透過性は、
そのレンズの性能を考える上で
重要なポイントになってきます。
しかし含水率や酸素透過性の数値は、
未加工状態の素材としての特性を表すもので、
実際の製品として
コンタクトレンズの形になった時の性能を表すものではありません。

コンタクトレンズ装用時に角膜に供給される酸素の量は、
素材の特性だけで決まるものではなく、
レンズの厚さやデザインによっても大きく変わってきます。
例えば同じ素材で比較した場合、
レンズの厚さが半分になれば酸素透過性は2倍になるとされています。
また、レンズに付着した汚れは酸素透過性を低下させる原因になりますが、
その汚れの付きやすさは、素材の特性や含水率によっても異なってきます。
このように含水率や酸素透過性の数値だけを見て、
レンズの性能や良し悪しを判断することはできないのです。

コンタクトレンズを選ぶ際には、含水率や酸素透過性だけでなく、
レンズデザインや汚れの付きにくさ、
また実際に目につけてみたときの装用感や取扱いのしやすいなど、
色々な面でバランスの取れたレンズを選ぶことが重要であるといえます。



 度数やベースカーブの数値がいっしょなら、どのレンズも見え方は同じでしょう?


度数やベースカーブの数値コンタクトレンズは、
パッケージに表示されている直径や
ベースカーブ・度数などの数値が同じでも、
素材や製法・レンズデザインなどが異なると
フィッティングや見え方に違いが出てきます。
コンタクトレンズの数値は、
洋服のサイズのように
規格化されたものでありませんので、
近いベースカーブの数値や度数を単純に当てはめることはできません。
つまり、表示されている数値だけを基準にしてレンズを選ぶことはできないのです。

他メーカーのレンズに変える場合はもちろん、
同じメーカーの製品でもレンズの種類を変更すると、
度数の段階が変わってくる場合もありますし、
乱視用ソフトレンズの場合は、目の中で回転しにくい、
回転しやすいなどの特性がメーカーや製品の種類によって異なるため、
屈折矯正の度数は合っていたとしても
レンズの回転によって乱視の角度にズレが生じ、
乱視が正しく矯正されなくなってしまうこともあります。

このような細かい違いを自分で判断することはできませんので、
レンズの種類を変更したり、同じ種類のレンズを使っていても
度数が合わなくなってきた気がするような場合は、
あらためて眼科医による検査と処方を受けるようにしてください。