楽天市場コンタクトレンズ


コンタクトレンズの使用目的


 眼鏡とコンタクトレンズ、どちらが目に良いのですか?


という質問をよく受けますが、眼鏡のほうが安全です。

眼鏡を持つ女性コンタクトレンズは異物を目の表面に乗せるため、
機械的刺激、酸素不足、
乾燥などにより目の表面にキズをつくったり、
コンタクトレンズに付着した汚れで
アレルギー性結膜炎を生じることがあります。
コンタクトレンズ装用で目に障害を起こすと、
コンタクトレンズの装用をやめて
眼鏡にしないといけませんが、
その時に眼鏡がなければ仕事ができないことになります。
従って、眼鏡はいつでも使えるように
携帯しておく必要があります。

コンタクトレンズの良い適応は、激しい運動(スポーツ)をする、近視の度数の左右差が大きい、
不正乱視(円錐角膜)がある、近視が非常に強い場合などです。

また、仕事上眼鏡が曇ると見えなくて困る場合なども
コンタクトレンズ適応になります。コンタクトレンズを装用すると、
裸眼に比べて目からの涙液の蒸発量が増えます。
従って、コンタクトレンズを装用することによって起こるドライアイもあります。



 コンタクトレンズの使用目的


コンタクトレンズの使用目的は、主として屈折異常の矯正です。
(おしゃれ目的のカラーコンタクトレンズ、手術後に角膜を保護し、
傷の治療を早める目的の治療用コンタクトレンズなどの例外もあります)。

屈折異常には近視、遠視、乱視があります。
目はカメラと同じような構造をしていて、
外からの光をレンズに相当する角膜や水晶体で屈折させ、
フィルムに相当する網膜で焦点を結ぶ仕組みになっています。
網膜に正しく焦点を結ぶことができる状態を正視といい、
光の屈折がうまくいかず、網膜に焦点が結べない状態を屈折異常といいます。




眼球の構造(模式図)



正視



近視と遠視





 コンタクトレンズの長所と短所


コンタクトレンズコンタクトレンズと眼鏡を同じように考えることは危険です。
また最近話題になっている近視矯正手術も同様です。
それぞれの長所と短所を理解して、
選択をしないと取り返しのつかないことになることがあります。


■ コンタクトレンズの長所

・ 光学的にすぐれている

近視の強い人では、眼鏡はレンズが厚くなり、ものが小さく見えたり、
ゆがんで見えるといった短所がありますが、
コンタクトレンズは目に密着させて装用するため、
そのようなことはありません。
左右の視力差があっても、楽に見ることが出来ます。

・ 不整乱視(目の表面の凹凸)を矯正できる

眼鏡で矯正できない不整乱視でも、ハードコンタクトレンズを用いれば、
目の表面の凹凸をカバーし、矯正できます。

・ 視野が広い

眼鏡はフレームにさえぎられて、視野が狭くなりますが、
コンタクトレンズは裸眼と同じ視野が得られます。

・ 度数の変更が可能

近視矯正手術は度数変更が出来ませんが、
コンタクトレンズや眼鏡では環境に応じて、度数を変更することが出来ます。


■ コンタクトレンズの短所

・ 眼障害の危険性がある

目の表面に密着させるコンタクトレンズは、
適応や装用方法を誤ると、目に大きな影響を与えます。

・ レンズケアが必要
コンタクトレンズが汚れていると眼障害の原因になります。
そのため、毎日、こまめにレンズケアを行う必要があります。

・ 装用できない人もいる

コンタクトレンズは目の状態によって装用できない人もいます。
ドライアイ、結膜炎などの患者さんは装用できませんし、
発育途上の小学生が装用すると、いろいろな影響が出る可能性があります。



 眼鏡の長所と短所


■ 眼鏡の長所

・ 安全性が高い

眼鏡のレンズも破損することはありますが、適切なレンズの種類を選択すれば、
そのようなことは滅多になく、コンタクトレンズや近視矯正手術よりも安全です。

・ 度数の変更が可能

近視矯正手術は度数変更が出来ませんが、
コンタクトレンズや眼鏡では環境に応じて、度数を変更することが出来ます。

・ 老視に対応しやすい
近視の人では、コンタクトレンズや近視矯正手術よりも近くが見やすく、
老眼になっても近くが見やすく有利です。
老視用の眼鏡も使いやすいものが販売されています。


■ 眼鏡の短所

・ 美容上の問題がある

コンタクトレンズや近視矯正手術では容姿は変わりませんが、
眼鏡では変わります。

・ 度数に限界がある

眼鏡ではレンズの度数を強くすると、
ものがゆがんだり、ずれて見えることがあります。

・ 不同視に不向きである

眼鏡では左右のレンズ度数が大きく違うと、
左右でものの大きさが違って見えるため、
左右の度数が違う人では使用できないことがあります。
コンタクトレンズではそのようなことはありません。



 近視矯正手術の長所と短所


■ 近視矯正手術の長所

・ 眼鏡もコンタクトレンズも必要ない

近視矯正手術を受ければ、
通常、遠くを見るためには眼鏡もコンタクトレンズも必要ありません。
ただし、老眼になれば近くを見るためには老眼鏡が必要となります。

・ いつでも見える

夜間の緊急事態でも、眼鏡やコンタクトレンズを装用する必要はありません。



■ 近視矯正手術の短所

・ 度数の変更が困難

近視矯正手術は、一旦手術を受けると、度数を変更することは非常に困難です。
元に戻すことも出来ません。

・ 老視に対応できない

近視矯正手術を受けても、老眼になれば近くを見るためには老眼鏡が必要となります。
一般にコンタクトレンズよりも老眼鏡を使用する年齢は早くなります。

・ 手術時のトラブル

近視矯正手術では度数の誤り、眼球穿孔、角膜混濁、LASIKフラップの消失、
角膜内異物混入などの、様々な手術時のトラブルが報告されています。



LASIK手術後の角膜不整乱視LASIK手術後の角膜不整乱視
(二次性円錐角膜)
近視矯正手術後近視矯正手術後(RK手術)



・ 長期予後は不明

近視矯正手術の長期予後はまだまだ不明です。
特に術後の不整乱視(2次性円錐角膜)の発生が問題となっています。
現在は術前の角膜厚の検査で、発生を予測していますが、100%の予測は出来ていません。



 コンタクトレンズを安全に使用するためのポイント


◎ 眼科専門医による適切な処方を受けましょう。

目の状態と使い方に合ったコンタクトレンズの選ぶことが重要です。
不適切なコンタクトレンズは目の病気につながります。

◎ 無理な装用は絶対にやめてください。

特に長時間の装用は禁物です。1日14時間以内の装用を目安としてください。

◎ 正しいコンタクトレンズのケアをしてください。

毎日、こすり洗いして、レンズケースを毎日洗浄・乾燥し、定期的に交換しましょう。

◎ 3ヶ月に一度の定期検査を必ず受けましょう。

定期検査も安全なコンタクトレンズ装用のために重要です。
定期検査を受けていれば、
もし障害が起こっても軽いうちに発見でき、適切な対応ができます。
もう一つ大事なことはレンズ度数です。使い捨てソフトコンタクトレンズ装用者でも、
1年間で約4割の人はレンズ度数の変更が必要となります。
同じ度数のコンタクトレンズを定期検査を受けないで使い続けると、
眼精疲労、頭痛などのトラブルの原因になります。



使い捨てSCLの眼障害発現率


少しでも目がおかしいと思ったら、コンタクトレンズをはずして、眼科医の診察を受けてください。

ほおっておくと、角膜潰瘍、眼内炎などの失明の危険性の高い病気に進展することがあります。
すぐにコンタクトレンズがはずせるように、常に眼鏡を携帯してください。