楽天市場コンタクトレンズ


目の乾きとコンタクト


 目の乾きとコンタクト


コンタクトレンズを装用していると乾燥感を感じる人が多いと思います。
乾燥感は個人差や環境、コンタクトレンズの
種類などによっても違いがありますが、目が乾くと不快に感じ疲れます。
この乾燥感の重要な要素の一つにコンタクトレンズの表面状態があります。




すべてのコンタクトレンズは涙の層の中に浮いている形で装着されますから、
レンズの表面は水となじみやすくなければなりません。
ハイドロゲルと呼ばれる一般のソフトレンズは、レンズ素材が水と大変よくなじむため、
表面処理をして素材の性質を変える必要はありません。

一方シリコーンハイドロゲルレンズは、
レンズ素材自体が水となじみにくいので、表面処理加工が必要になります。
表面処理加工の方法は色々ありますが、レンズが濡れていても乾きはじめていても、
同じように水となじみやすい状態にしておく必要があります。

チバビジョンのすべてのシリコーンハイドロゲルレンズには、
同じプラズマコーティングで表面処理加工をしていますが、
このプラズマコーティングは、外部環境が乾いていても濡れていてもこれに左右されず、
」常に安定して水となじみやすい状態を維持し、
さらにタンパク質や脂質などの涙液中の汚れ成分や化粧品などを
レンズの素材内部に浸みこませずにシャットアウトすることができます。

この表面加工により、長時間装着しても乾きにくい、疲れないといった
シリコーンハイドロケルレンズの優れた特性がいかされていると言ってよいでしょう。




プラズマコーティング;レンズ表面を涙で包むための表面コーティング技術

プラズマコーティングのイメージ図

水を弾く性質をもつシリコーンハイドロゲル素材をコンタクトレンズとして実用化するには
表面が水を弾かないようにする表面改質処理が必要です。

チバビジョン独自の表面処理技術は、ほかの表面処理方法とは異なり、
乾燥した環境下でも安定した水濡れ性を保ち、
同時にタンパク質や化粧品等による脂質などもほとんど堆積しません。

この表面処理技術と独自のレンズ素材との組み合わせにより、
最長1ヵ月間の連続装用が可能な製品も開発されています。