楽天市場コンタクトレンズ


コンタクトレンズ用語集


 コンタクトレンズ用語集


■ フィッティング
フィッティングとは、コンタクトレンズを目に装着した時に、
中央部の位置やまばたきの際のコンタクトレンズの動きをみることです。
コンタクトレンズが目に固着すると障害を起こします。
また、動きすぎると、見え方が悪くなったり、
白目にずれてしまうなどの困ったことが起こります。
このようなことがないように、定期的な医師による診察が必要です。

■ BC
ベースカーブ (Base Curve) といわれるもので、
レンズのカーブ(曲面)の度合いを示す数値です。
8.3、8.4、8.5、8.6、8.7、8.8、8.9、9.0 などで表示されています。
数値が小さいほど、カーブが強く、大きいものほどゆるくなります。
Steep,Median,Flat あるいは SAG1 (8.7),SAG2 (8.4)
などで表されるレンズもあります。

■ DIA
レンズの大きさ(直径)を表す数値。
13.8、14.0、14.2、14.5 などで表示されています。
この数値はレンズ毎に固定値になっている場合が殆どで、
注文の際には、省略される場合がほとんどです。

■ PWR ( SPH )
コンタクトの度の強さを示す数値。
-1.00 -3.00 -4.75 などで表示されています。
数値が大きくなるほど、度が強くなります。
なお、「+」 は遠視用のレンズを示します。
カラーレンズには度のないもの、「0.00」も用意されています。

■ CY / AX
乱視用の数値。乱視レンズのオーダーには、
PWR,BC,DIA 以外にこの数値が必要です。
CY ( 円柱:-0.75、-1.25、-1.75等 )
AX ( 軸:10、20、70、110、160、180等 ) で表されます。

■ ADD
遠近両用の手元補正用の数値。
Acuvue Bifocal など。
遠近両方レンズの度数はPWR -5.50 (+1.00)と 2つの度数が表示されています。
この数値は、遠くを見るときは -5.50 で、
近くをみるときは +1.00 ゆるめるという意味です。
遠用の度数に対して、手元用に + 1.00 ~ + 3.00 までゆるめることが可能です。

■ マルチフォーカス
遠近両用タイプのひとつ。
Focus Progressive など。手元補正を(+3.00位まで)無段階で調整するタイプです。
Acuvue Bifocal などの固定補正用のタイプと違い、
補正度合は個人差により異なります。

■ 終日装用
就寝前までには必ずCLをはずす使用方法をいう。
一日平均8~16時間の装用となっている。
毎日CLをはずした後に洗浄、
SCLでは消毒、保存をする手間があり、この管理はCL装用者に一任されている。
従ってCL管理が悪い場合のはCL汚染、細菌の繁殖、感染などの問題がある。

■ 連続装用
CLを就寝中もはずさずに連続して装用することをいう。
日本では近視眼に対し1週間、
無水晶体眼に対しては4週間の連続装用が許可されており、
定期検査が必要である。
高ガス透過性HCLや高含水性SCLの開発により連続装用が可能になったが、
睡眠中の酸素供給状態にはまだ問題があり、角膜の知覚低下、代謝活性低下、
涙液分泌減少、免疫防御機構低下、細菌感染の可能性増大、
CL汚染などの危険性も終日装用に比べて高い。
近視眼では1週間の連続装用後は必ずCLを1晩はずすことの指導が望まれる。

■ 円錐角膜
10才代前半より両眼性に発病し、
角膜中央部よりやや下方が突出し、強い近視と不正乱視をきたす疾患をいう。
症状が進むと円錐頂点部分が薄くなりデスメ膜が破裂し
角膜中央に強い浮腫と混濁をおこす。
円錐角膜では角膜光学領が非球面となり眼鏡での矯正は不可能である。
HCLは眼の表面に新たな球面を作るため矯正が可能である。
HCLを装着させる方法として一般に3点接触法と2点接触法がある。

■ ハードコンタクトレンズ
眼鏡を小さくして枠をなくし、レンズだけを角膜上にのせて用いるようにした
プラスチックレンズのうち、素材の硬いもの。
主として、PMMA、RGPCLのことをいう。
眼鏡では矯正不可能であるような
角膜表面の変形に起因する不正乱視も矯正が可能となる。

■ ソフトコンタクトレンズ
一般にSCLといえば吸水して膨潤するハイドロゲルレンズのことをいうが、
中には水を吸わないSCL(シリコンラバー、アクリルゴム)もある。

■ コールド消毒
熱(煮沸)消毒に対して非加熱式の消毒方法をいう。
化学消毒、過酸化水素による消毒などが含まれる。

■ 煮沸消毒
SCLの最も有効な消毒方法。芽胞菌やごく一部のウイルスを除く
一般細菌、真菌、アカントアメーバに有効である。
レンズポリマーの劣化や蛋白など付着物を熱変性・固着させる短所がある。

■ 頻回交換レンズ
定期的に新しいレンズに交換するSCL。
交換するサイクルは、欧米では2週間から3カ月と医師が選択し指導するが、
1997年3月現在、日本で承認されている使用サイクルは2週間のみである。
2カ月以上の間隔で交換するものは、
従来型SCLと同じように蛋白除去が必要となるため
定期交換レンズとよび、頻回交換レンズと区別するべきである。

■ 一日(毎日)使い捨てコンタクトレンズ
終日装用SCLで、装着後、就寝前までにはずして再使用しない。
1日で捨てるので1-Day DSCLといわれる。

■ ディスポーザブルコンタクトレンズ
眼から一度はずしたら再使用しないSCL。
1997年3月現在の日本では、
最長1週間の連続装用をするタイプと
終日装用で毎日捨てるタイプの2種類が承認されている。

■ こすり洗い
CLの汚れをとるために、クリーナーや保存液などをつけて指でCLを擦ること。
反対語は「つけおき洗浄」であり、
擦らなくても汚れを落とす洗浄能力がある液を使用する方法である。
高含水SCLなど破れやすいレンズのときは、
つけおき洗浄がよいが、洗浄効果はこすり洗いの方がよい。

■ つけおき洗浄
こすり洗いをせずにコンタクトレンズケアを行うシステムをいう。
クリーナーや保存液などでこすり洗いをせず、
レンズをクリーナーにつけて汚れを落とす。
SCLに対してタンパク除去が消毒と同時にできるシステムもある。
レンズケアが簡単になるだけではなく、
高含水SCLなど破損しやすいレンズに適している。
洗浄効果はこすり洗いよりも劣る。

■ 近視
調節を休ませた状態で、
遠方からくる平行光線が網膜の前方で像を結ぶ目の屈折状態をいう。
近視には屈折力は正視眼とかわらないが眼軸長が長いために生じる軸性近視と、
角膜や水晶体の屈折力が強すぎるために生じる屈折性近視がある。

■ 遠視
調節を休ませた状態で、
遠方からくる平行光線が網膜の後方で像を結ぶ目の屈折状態をいう。
遠視には屈折力は正視眼とかわらないが眼軸長が短いために生じる軸性遠視と、
角膜や水晶体の屈折力が弱いために生じる屈折性遠視がある。

■ 乱視
眼の屈折面が正しい球面をなしていないために
平行光線がうまく1点に結像しない目の屈折状態をいう。
正乱視と不正乱視に大別される。

■ コンタクトレンズ処方
視力検査、屈折検査、角膜曲率半径測定、涙液検査、角膜内皮細胞検査、
前眼部検査などにもとづき適切なCL(材質、メーカー、デザインなど)を選択し、
トライアルレンズによるレンズフィッティング検査をおこなったのち、
レンズの規格(ベースカーブ、レンズパワー、レンズ径など)を決定し、
CLを処方すること。
処方の際には装用指導、適切なレンズケアの指導、
定期検査の指導を行わなければならない。
またCL処方後に涙液が安定した状態で再度、視力検査、
フィッティング検査などをおこない必要があればレンズの規格を変更する。