楽天市場コンタクトレンズ


間違った目のケア


 まぶたの上から眼球をグリグリ


まぶたの上から眼球をグリグリとマッサージ目が疲れたときに、まぶたの上から眼球を
グリグリとマッサージする人がいますが、これは危険。
網膜剥離を起こしたり、角膜が変形してくる
円錐角膜などの目の病気を招く可能性があります。
また、眼球心臓反射といって、
目を押し続けると心臓の脈拍が一時的に遅くなり
気分が悪くなることもあります。



 水で目を洗う


洗眼用品使用者に見られたハードコンタクトレンズによる角膜上皮障害清潔にするつもりで、
水で目を洗ったりしていませんか?

目の表面は涙で潤っていますが、
涙には水分だけでなく、
油やムチンという物質が含まれていて、
目を守る働きをしています。

そのほか、目をバイ菌から守ってくれる物質もたくさん含まれています。
目を洗うと、これらの物質が失われ、
ものもらい(麦粒腫、霰粒腫)などの感染症に
かかりやすくなったり、慢性結膜炎やドライアイを招きます。
水道水は涙と浸透圧が異なるため、
大量の水で目を洗うと目の表面にキズが付きます。
市販の洗眼用品も要注意です。防腐剤による目の障害を招いたり、
付属の洗眼カップから、家族中に結膜炎が流行したりします。

目を洗うのはプールの後と、薬品や異物が目に入ったときだけにして下さい。
プールの後に目を洗うときは、簡単に洗い流す程度で問題ありません。
念入りに洗うと、かえってトラブルの原因になります。



 目薬の使いすぎ


目薬の使用説明書まず、市販されている目薬も
薬だということを強く認識しましょう。
使う前に、
使用上の注意が書かれた説明書をよく読んで、
定められた用法や容量はきちんと守ってください。
使いすぎると副作用を招く危険性があります。

例えば、血管収縮剤入りの目薬を使用すると
瞬間的に血管を引き締めるため充血はとれますが、
薬の作用が切れると
リバウンドで前よりも充血を悪化させます。

常用するとドライアイや慢性結膜炎を招きます。
その他の成分にも副作用が考えられますので、
市販されている目薬は
症状を緩和したい時だけに使い、
常用しないようにしましょう。

常用してもよいのは人工涙液型の目薬ですが、
市販の人工涙液型の目薬は、
ドライアイに対して、10~15分程度しか
効果の持続が期待できません。

眼科ではドライアイに対して
ヒアルロン酸の目薬が処方されます。
非常に保湿度が高く、
ドライアイに対して2時間くらい効果が持続する目薬(市販はされていません)です。



 目にも紫外線対策


日焼け止めクリームや日傘、帽子などで
肌の紫外線対策を心がけている方は多いことでしょう。
目への紫外線対策はどうですか?
近年の研究によって紫外線は肌だけでなく、
目にも大きな影響を与えることがわかってきました。



■ 紫外線とは

大気の層と紫外線の種類紫外線は、波長によって
A波、B波、C波の3つがあります。
このうちシワやたるみなど
肌の老化の原因となるA波と、
日焼けの原因となるB
波が地表に届いています。



■ 紫外線が目に与える影響

1日の紫外線量の変化通常、目に入る紫外線は
その多くが角膜で吸収されています。
しかし、波長によっては
目の奥の水晶体や
網膜にまで達する場合があります。
これが水晶体や網膜のダメージとなって蓄積し、
眼病や目の老化の促進につながる
危険性があると指摘されています。
白内障などの原因ともいわれています。



■ 目にも紫外線対策

紫外線対策でつばの広い帽子を被るコンタクトレンズの中には、
UVカット加工されたものもあります。
角膜を覆うレンズが、
目への有害な紫外線をカット。
太陽の下では、お子さまには、
つばの広い帽子と
UVカット・コンタクトレンズの組み合わせ、
大人にはUVカット・サングラスをプラスして紫外線対策。