楽天市場コンタクトレンズ


視力って何?


 視力って何?


 Dr.T「私の視力は1.0です」などといいますが、
たとえば1.0の視力なら、
どの程度のものが見えるということなのでしょう?

視力とは見える程度を数値にしたもので、
2つの点や2つの線を判別する能力(目の分解能)を表します。
これは1.0の視力ならば5mの距離で、
1.5mm離れている2点や2線を判別できるというものです。
しかし5mより近い1mの距離からなら、
1.5mmよりもさらに狭い2点や2線を判別できますので、この方法は一般的ではありません。

このため、物体が目に対して張る角で視力を表すのがより良い方法です。
判別できる最も狭い2点または2線間の距離が目に対して張る角を、
最小可視角といいます《下の図を参照》。
この角度を「分」(1度の1/60)で表し、その逆数を視力として定義しています。

そこで、1分(5mの距離で約1.5mm)を判別できれば1.0、
2分(5mの距離で約3mm)を判別できれば0.5、
20分(5mの距離で約3cm)を判別できれば、
0.05の視力となるのです《下の表を参照》。

なお視力測定には、Cの字のように見えるランドルト環の切れ目の幅が、
判別できるかどうかで測定を行います。


視力測定図