楽天市場コンタクトレンズ


角膜も歳をとるの?


 角膜も歳をとるの?


 Dr.T私たちが歳を重ねると、
角膜にはどのような影響があるのでしょうか? 
まず高齢者は、
若い人に比べるとまぶたによる圧力が低くなります。
また男性よりも女性の方が、圧力が低い傾向にあります。

年齢と共にまぶたの圧力が低くなってくると、
角膜の形が変わってきます。
若い頃の角膜は、まぶたの圧力によって、
ラグビーボールを横に置いた形のような状態です。
けれども歳を重ね、まぶたの圧力が低くなると、
角膜はラグビーボールを縦に置いた形のような状態(角膜の垂直方向の扁平化)に
なる傾向があります。つまり、角膜も歳をとるのです。

角膜の扁平化によって、乱視の人の場合、40歳くらいまでは
角膜の縦方向のカーブがきつい「直乱視」だったものが、
歳を重ねるごとに角膜の縦方向のカーブがゆるくなり、
頭痛や肩こりなどの影響が出やすい「倒乱視」という状態に変わってきます。


このように、角膜の形は年齢と共に変化してきますので、
40歳前後からは定期的に眼科検診を受け、
自分の目に合ったコンタクトレンズを使っていくことが大切です。