楽天市場コンタクトレンズ


「飛蚊症(ひぶんしょう)」とは?


 「飛蚊症(ひぶんしょう)」とは?


 Dr.T目の前に蚊のようなものが見える状態を「飛蚊症」といいます。

目の構造はカメラに似ていると言われています。
カメラはレンズとフィルムの間に空気がありますが、
目では空気ではなく硝子体といわれる
ゼラチン状の物質があります。
この硝子体は透明で、眼球の5分の4を占めています。

ここに混濁(混じってにごること)が起こると
フィルムに相当する網膜に影を落とすので、黒く見えます。
この混濁物が動くと影も動くので、
その影の動きがちょうど蚊が飛んでいるように見えることから、飛蚊症と呼ばれています。

硝子体はゼラチン状ですが、生体ですから繊維と細胞から成り立っています。
このため、場合によっては、自分の細胞や繊維が飛蚊症として見えることがあります。
これは生理的飛蚊症とよばれるもので、心配な症状ではなく、気にしないことが大切です。

しかし、飛蚊症の中には硝子体に混濁が起こり失明に結びつく病気
(網膜剥離、ぶどう膜炎、硝子体出血など)もありますので、
飛蚊症が起こったときには、眼科医を受診して眼底を詳しく見てもらうことが必要です。